Ryosuke Kobayashi Guitars

神奈川県相模湖に工房を構えるギター製作家・小林良輔のブログ。製作日誌や理念を綴っています。-Ryosuke Kobayashi Guitars-






Welcome to RKG blog

おすすめの記事はこちら

2019-01-01から1年間の記事一覧

2019 Classical RF

新作が完成しました。 『2019 Classical RF』 Top : Cedar Sides and back : Rosewood Scale length : 650mm Nut width : 52mm Finish : French polish Tuners : Gotoh510 Aluminum post Others : Raised fingerboard, Side sound port

2019 Nylon Crossover Electric RF

新作のナイロンクロスオーバーが完成しました。 レイズドフィンガーボード&サイドサウンドポート仕様です。 トップはヨーロピアンスプルースです。今回は東欧産のものを使いました。 柾目杢を木地着色で強調しています。 ピックアップ。 マイクロアームレス…

Classical RF & Nylon Crossover Electric RF

クラシックギターとナイロンクロスオーバーが完成間近です。 『Classical RF』 ロゼッタです。 トップは杉、サイドバックはローズです。 バック板チューニング中。 トップ板接着前。 バインディング作業中。 バインディング作業完了。 バインディング作業完…

ウッドデザイン賞2019を受賞しました

高知県の県木・魚梁瀬杉(やなせすぎ)を主役にして製作したギターとその一連の活動『Yanase Cedar Project』が、林野庁の補助事業である『ウッドデザイン賞2019』を受賞いたしました。 この賞は、木の良さや価値を再発見させる建築・空間、木製品、取組、技…

アルバム発売!

ギターデュオアルバム『ACOUSTIC SESSIONS 〜Players and Luthiers〜』が本日発売となりました。 ご注文は<お名前><ご住所><枚数>を明記のうえ、下記アドレスへのメッセージにて承ります。こちらからの返信をもってご注文完了とさせて頂きます。国内送料無料…

予約受付開始

ギターデュオアルバム『ACOUSTIC SESSIONS 〜Players and Luthiers〜』の予約受付を開始しました。 ●発売日 10月上旬 ●価格 2500円(税込、送料無料) ●お支払い方法 銀行振込(ゆうちょ銀行、三井住友銀行) ●ご注文方法 <お名前><ご住所><枚数>を明記のう…

アルバム収録曲『How long has this been going on』 by George Gershwin

『ACOUSTIC SESSIONS 〜Players and Luthiers〜』CD発売&レコ発ツアー決定!! 2人のギタリストと2人のルシアー(ギター製作家)が出会って生まれたデュオアルバム。現在のジャズギターシーンを代表する若手ギタリスト、荻原亮氏と松原慶史氏。アコーステ…

アルバム収録曲『All the things you are』by Jerome Kern

『ACOUSTIC SESSIONS 〜Players and Luthiers〜』CD発売&レコ発ツアー決定!! 2人のギタリストと2人のルシアー(ギター製作家)が出会って生まれたデュオアルバム。現在のジャズギターシーンを代表する若手ギタリスト、荻原亮氏と松原慶史氏。アコーステ…

アルバム収録曲『They can't take that away from me』by George Gershwin

『ACOUSTIC SESSIONS 〜Players and Luthiers〜』CD発売&レコ発ツアー決定!! 2人のギタリストと2人のルシアー(ギター製作家)が出会って生まれたデュオアルバム。現在のジャズギターシーンを代表する若手ギタリスト、荻原亮氏と松原慶史氏。アコーステ…

2019 Nylon Crossover Electric Cocobolo (short scale)

新作のクロスオーバーが完成しました。 トップ板:ドイツ松 サイドバック板:中南米ローズ(ココボロ) 棹:マホガニー 塗装:フレンチポリッシュ 糸巻き:後藤510 ナット幅:47.5mm 弦長:630mm ピックアップ:Barbera Transducer Systems その他:カッタウ…

2019 RS Brazilian Rosewood

新作の鉄弦ギターが完成しました。 トップ板:ヨーロピアンスプルース サイドバック板:ブラジリアンローズウッド スケール:645mm 塗装:フレンチポリッシュ Blue-Gさんの20周年記念モデルとして製作させて頂きました。 ちなみに、トップ板は師匠のSergei de…

The edges of the fret ends.

私のギターを使っている方に、「左手にネックが吸い付くようだ」としばしば褒めて頂きます。ネックの削り方、指板とネックの境目の処理の仕方、指板のRの出し方やその加減、フレット溝の切り方、フレット溝幅とフレットタング幅の関係などこだわっている箇所…

デュオCD『Acoustic Sessions ~Players and Luthiers~』発売&ツアー決定!

2人のギタリストと2人の製作家でアコースティックギターデュオアルバムを作り、ツアーをします。 『Acoustic Sessions ~Players and Luthiers~』 荻原亮 × FUJII GUITARS 松原慶史 × Ryosuke Kobayashi Guitars ↓↓↓日程は下記(2019.8.3更新)↓↓↓ ◇◇10/18(金…

Current builds.

現在製作中のギターです。 『Classical RF』 杉/ローズのクラシックギターです。Raised Fingerboard仕様です。 『Classical CW Granadillo』 ストライプの入った杉/グラナディロのクラシックギターです。カッタウェイ仕様です。 『Nylon Crossover Electri…

2019 7strings Classical RF Custom

新作の7弦ギターが完成しました。 Ryosuke Kobayashi Guitars 7strings Classical RF Custom トップ板:ドイツ松(ベアクロウ) サイドバック板:ヨーロピアンメイプル 指板と駒:スネークウッド 棹:セドロ(スパニッシュシダー) 塗装:フレンチポリッシュ…

Dying Wood & French Polishing.

新作ギターのフレンチポリッシュを始めました。写真は、最初のセッションが終わったところです。 今回はお客様の依頼により着色しました。オールドのバイオリンのようなアンティークの家具のようなイメージで仕上げています。 刷毛やスプレーガン、化学系塗…

Carving the neck.

新作の7弦ギターのネックを削っています。RF(Raised Fingerboard)で、仕込みはドイツ式です。

2019 RS Granadillo

新作の鉄弦ギターが完成しました。 トップ板:ヨーロピアンスプルース サイドバック板:グラナディロ スケール:645mm 塗装:フレンチポリッシュ このギターの詳細は、三木楽器さんまでお問い合わせくださいませ。

2019 OO European Maple

新作の鉄弦ギターが完成しました。 トップ板:ルッツスプルース サイドバック板:ヨーロピアンメイプル 指板&駒:ブラジリアンローズウッド 塗装:フレンチポリッシュ

Fretting.

指板を削って、フレットをうちました。 今回はお客様のリクエストでブラジリアンローズウッド指板にドットのポジションマークを入れました。 この作業は、 (1)指板接着 (2)ネック削り (3)ボディとネックの接合 (4)塗装 など、ネック周りの接着や加工が全て終…

Side Sound Port and French Polishing

サイドサウンドポートを開けて、フレンチポリッシュを進めています。今回は久しぶりに鉄弦ギターが2本続きます。 OO LS ヨーロピアンメイプル RS グラナディロ

アコースティック・ギター・ブック48

シンコーミュージックさんより『アコースティック・ギター・ブック48』が発売されました。先日来日していたヤマンドゥ・コスタさんや素晴らしい音楽家・マルセロ木村さんのインタビューをはじめとして、今号も盛りだくさんな内容です。私も「構造と木材」と…