Ryosuke Kobayashi Guitars

ギター製作家、小林良輔のブログ。製作日誌や理念を綴っています。Ryosuke Kobayashi Guitars。神奈川県相模湖。

Glued the back on.

新作の厚胴OOのギターを進めています。

サイドバックはヨーロピアンメイプルです。

 

バックの力木を荒削りして、クラドニでチューニングを終えたところです。これからバックの力木があたる箇所をかきとるところです。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20181224232353j:image

 

独立後47本目のギターです。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20181224232407j:image

 

サイドバックが(比較的軽い)メイプル単板

・14フレットネックジョイント

・(鉄弦ギターなので)トラスロッドを仕込む

・ヘッドがソリッド

ということでギターの重心が上がるため、バラストとしてエンドブロックにエボニーをラミネートしています。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20181224232412j:image

↑写真では当て木に隠れていますが、将来的にピックアップが載る可能性もあるので、エンドピンジャックが来る場所は落とし込んでいます(エンドピンジャックはネジの長さの関係上、厚みが約20mm以上あると取り付け不可なものがほとんどです。)エンドブロックとトップ板&バック板との接着面積は増やしたくないので、ライニングと同じ幅のマホガニー部のみが接着されるようにブロックを斜めにおとしています。

 

サイドサウンドポートの補強です。サイド板のメイプルと写真に見えている内側のメイプルの間に、マッカーサーエボニーの薄板を3枚挟んでいます。木目を交差させるように挟んで割れ防止をしています。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20181224232418j:image

 

何度もバックをフィットさせて、リムの掻き取りの幅と深さを微調整します。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20181224232422j:image

 

接着が完了しました。

f:id:RyosukeKobayashiGuitars:20181224232426j:image