Ryosuke Kobayashi Guitars

ギター製作家、小林良輔のブログ。製作日誌や理念を綴っています。Ryosuke Kobayashi Guitars。神奈川県相模湖。

木材情報 5月号

(財)日本木材総合情報センター様よりご依頼を受け、月刊誌『木材情報』の5月号に寄稿させて頂きました。ギター製作家としての立場・視点から、トーンウッドの現状と課題、国産材の可能性について書いてあります。 主に川上側の方々に情報を提供するための冊…

Current builds.

現在製作中のギターです。 右から ・Classsical RF (European Spruce/Brazilian Rosewood) ・Nylon Crossover Electric (Western Red Cedar/Granadillo) ・OM-CW (German Spruce/Brazilian Rosewood) ・Baritone (German Spruce/Mahogany) です。 写真はリム…

Marcelo Kimura "Brazilian Style/Guitar Solo"

Classical RF w/Barbera Soloist Pickup を使用して頂いているマルセロ木村さんの新作動画です。 ぜひご覧ください。 Brazilian Style / Guitar Solo - Marcelo Kimura

2020 7strings Classical RF

新作の7弦ギターが完成しました。 『2020 7strings Classical RF』 Top : European Spruce Sides and back : Rosewood Scale length : 650mm Finish : French polish Others : Raised fingerboard, Side sound port

2020 Steel strings OO-CW

新作の鉄弦ギターが完成しました。 サイズはOOです。 サイドバックは杢の出たマホガニーです。 トップはベアクロウのジャーマンスプルースです。 ヘッドプレートはバック材と同材のブックマッチです。 ブリッジと指板はブラジリアンローズウッドです。 お気…

Fine Adjusting Action

ここ最近サドルの底面の加工方法(削り方)について立て続けに質問を受けました。1人は楽器店の方、もう1人はリペアマンの方でしたが、もう1人はプレイヤーの方だったので細かいところまで見ているものだなと驚きました。 (ブリッジのサドル溝がきちんと加…

Vacuum Bridge Clamp

真空ポンプを使ったブリッジ接着用の治具を作りました。 これまでは当て木&クランプで接着していました。 問題が起きたことはありませんが、ブリッジのデザイン、力木のパターン、修理品の数だけ当て木が増えていきました。 ブリッジ側の当て木(一部)。 …

Wood × Shellac × Sunlight

製作中の鉄弦ギターのフレンチポリッシュをはじめました。 トップ材はプライベートストックのベアクロウジャーマンスプルースです。 サイドバック材は杢の出たマホガニーです。 セラックがのった材は、太陽光に当たると杢目がとても立体的に浮き上がります。…